ピーマン農家の挑戦!一関市ふるさと納税

 

お礼の言葉  

るさと納税より寄付を賜り社員一同感謝申し上げます。皆様より頂戴致しました寄付は地域の為に確実に活かしてまいります。今後も社員スタッフと共に一生懸命農業に励み私達の希望と共に返礼致します。皆様の変わらぬご愛顧、ご支援を何卒よろしくお願い致します。

株式会社TKT 代表取締役 小野寺隆好

 

 

 

ⅰ 一関市でピーマンを栽培しています

 

改めまして一関市でピーマンを栽培しております小野寺です。私達は株式会社TKTとして地元である岩手県一関市を活動拠点にピーマン栽培及びビニールハウス関連の事業を営んでいます。2016年に一関市にUターンして新規就農に挑戦しました。

 

そこから5年間の実践を積み、2022年に一関市より認定農業者として認定を受け一関市の農業担い手としてピーマン栽培に励んでいます。

 

ⅱ ふるさと納税に懸ける想い

 

 

私の実家は農家ではありませんでした。それどころか田んぼや畑も持っておらず本当に何もないところから農業に挑戦しました。多くの人に無謀だと言われました。農業を甘くみているとも言われました。今思い返すと本当にその通りです。

農業を甘く考え、適当でもなんとか頑張れば上手くいくと当時は考えていました。本当に恥ずかしいことです。

2019年10月13日 Facebook投稿より

 

2019年10月 川が氾濫

その年は塩類障害による生育不良も重なりピーマン栽培は絶望的な状況でした。精神的に不安定となった私は共に活動してきたスタッフにも怒鳴ってしまいチームはあっという間に崩壊しました。

 

「農業で1円の売上をあげたい」

ただその一心で挑戦したピーマン栽培でしたが現実はとても厳しいものでした。それでも一緒に活動してくれる仲間がいました。社員や奥さんもそうです。どんな最悪な状況でも全員で力を合わせて苦難を乗り越えてきました。

 

私はその年をきっかけにピーマンを本気で取り組むことを誓いました。

忙しくて手がまわらないことが多かったのですが、まずはできることを少しずつ取り組んでいきました。

 

 

その活動がようやく実を結び、ピーマン部門は収穫量も売上高も右肩上がりに増加していき、ピーマン産地である一関市で上位の成績を収めるまで成長することができました。社員スタッフは15名(社員3名、役員2名、他スタッフ)まで増え、一丸となり農業に励んでいます。

そんなある時、一関市の職員が農場に訪問にきたのです。

 

一関市ふるさと納税にピーマンを出品してみないか?

私はそのお言葉がとにかく嬉しかったのです。ピーマン農家として認めてもらえたんだと。諦めず取り組んできて良かったと心から感じた出来事でした。

2021年より挑戦したふるさと納税ですが、いまでは全国の皆様より多くのご注文を頂いております。本当に嬉しいです。

今後も一関市のピーマン農家として自信と誇りを持ち新鮮なピーマンを全国の皆様へご提供させていただきます。

 

私達の夢と希望をたくさん詰め込んだ返礼品をぜひよろしくお願い致します。

 

ⅲ 返礼品のご紹介

 

■ふぞろいピーマン10㎏を見る

 

■特選ピーマン6個を見る

 

■家庭菜園ハウス 施工工事一式45万円オーダー券を見る

 

■特注ビニールハウス 施工工事一式 100万円オーダー券を見る