脱サラしてピーマン農家に挑戦!結果は?

 

こんにちは。岩手県でピーマン農家として活動しています小野寺です。

今日は【脱サラ農家に挑戦した結果は?】についてまとめていきます。

会社員を辞めて自然の中で自由に生きたい!方向けの内容となっていますのでよろしくお願いします。

■目次

①情報収集をしよう

②優遇措置がある

③農家に挑戦した結果

 

①情報収集をしよう

近年、会社員を辞めて地方移住を考える方が増えてきているように感じます。

地方移住するなら自由な時間に自然の中で活動できる「農業」にいま注目が集まっています。

実は私も同じように考え、千葉県から岩手県に移住しピーマン農家として新規就農しています。

そんな私の実体験を混ぜながら、脱サラ農家についてまとめていきたいと思います。

 

まず農業を始める前に大切なことは情報収集をしっかりすることです。

私が実際に行動した内容は、

①農業人フェアに参加する

②関係機関に直接相談、問合せ

③農家にコンタクトをとる

ことでした。こうしてブログを見て情報を集めることも非常に大切だと思います。

情報収集をして農業で生きていく決心がついた場合、注意したい点はすぐに行動に移さないことです。

まずは就農への王道。新規就農者支援制度を活用してください。

 

②優遇措置がある

 

農業を始める方には優遇措置があります。

まずは下記のサイトをご覧ください。

■→新規就農者支援制度

こちらは私が移住した岩手県一関市の就農支援制度になっています。

各地域によって制度は異なる可能性がありますのでさっそく調べてみて下さい。

こちらの支援制度を簡単にまとめると

①給付金がもらえる(120万円~150万円/年)

②無利子で融資が受けれる(運転資金、機械設備)

農業を始めるなら、この新規就農支援制度は確実に相談して認定されるように頑張って下さい。

農業基盤を整える際に必ず有利になります。

 

③農家に挑戦した結果

 

私は農業に非常に大きなチャンスがあると確信しています。

その理由は定年がないということです。生涯現役で活躍出来る。

さらに定年を迎えた方も退職後に農業に挑戦する方が多いのです。それぐらい農業には

魅力があると思います。

私は20代で脱サラし、農地、設備、技術、経験など全くないところから農業を始めました。

人一倍苦労しましたがそこから学んだことは、失敗を恐れず挑戦する事でした。

むしろ失敗の数が成長する為の糧となります。

就農から5年。売上高0円が今では1,000万円を超え家族やスタッフと力をあわせて

もっと高い目標を掲げて農業に励んでいます。

あなたのこれからの挑戦を心から応援しています。

 

 

 

 

 

2022年07月16日