ビニールハウス施工「直角レーザーを紹介します」

 

■直角レーザーの紹介 

こんにちは。ピーマン農家の小野寺です。

今日は直角レーザーをご紹介したいと思います。ビニールハウス施工で大活躍しているこの機械は金額は少し高いですが確実に直角を調べることができるのでハウスを綺麗に建てたい方にはお勧めの工具となります。

【商品の詳細はこちら】

 

■必要な備品など 

 

必要になる工具備品がこちらです。

①直角レーザー

②三脚

③メジャー20m巻=2個

④短いパイプ6本

⑤水糸

 

■手順について

 

①A地点にレーザーを設置します。

②B地点で受光機を設置します。

 

③AとBの直線を調べる事ができます。

 

④次にAとBの直線に対して直角のレーザーが出ていますので受光してC地点を調べます。 

 

※間口に応じてC地点は変わります。今回は7.2mで計算しています。

 

⑤次にB地点を基準として三平方の定理を使いD地点を導き出します。

 

B地点を基準に7.2mを測りE地点を見つけます。最後にE地点とB地点でメジャーを引っ張りD地点を測ります。

 

 

⑦これで寸法計測は終了です。

 

ABCをレーザーで直角を出すことでD地点をメジャーで計測したとしても精度はかなり正確です。

■直角の重要性 

ビニールハウス施工では直角を確実に測ることで基準を作ることができるので、その後の作業スピードが格段に上がるため作業軽減はもちろん労働時間も短縮することが可能です。ビニールハウスを施工する職人の方は1台保有していても損はないと思います。

 

【商品の詳細はこちら】

 

 

2020年10月19日