投資信託ってなに?ざっくり簡単に解説します

 

皆さんこんにちは。今日は「投資信託って何?」について解説します。実は私は保有資産の70%以上を投資信託に投資しています。理由はいろいろあるのですがそれほど投資信託には魅力がありますし実は誰でも簡単に挑戦する事ができます。

投資信託を一言で説明すると、

全員で集めた資金で大きな投資をする

そこから得た利益を皆で分配する

という金融商品になります。例えば、高層マンションを1人で購入すると高額なため投資は不可能ですが全員で力を合わせることで投資することができるようになり家賃収入を得ることができます。さらに面倒な管理や手続きは投資信託のプロ(ファンドマネージャー)が責任を持って対応してくれるため非常に簡単に投資に参加できるのです。これが投資信託が人気である理由です。ではさっそく投資信託について解説していきたいと思います。

 

■目次

①投資信託とは?

②大人気インデックスファンドとは?

③私がREITを選ぶ訳

④まとめ

 

■①投資信託とは?

 

投資信託とは、

投資家から集めた大きなお金を活用して運用のプロと言われるファンドマネージャーが株式や債券、不動産などで運用する金融商品となります。

投資信託の主な運用先は

①株式

②債券

③通貨

④不動産

⑤指数(インデックス)

⑥コモデティ(原油、大豆、トウモロコシ)

などが代表的な商品としてあります。その中から自由に投資信託を選択しわずか1000円からでも投資することができる点が魅力です。

 

■②大人気インデックスファンド

 

まずは結論から発表しますと、大半の投資家は、

「全米株式インデックス・ファンド」

を購入しています。世界を牽引している企業はやはりアメリカ企業であり世界中の投資家がその動向に注目しているのです。 

■インデックスファンドって何?

インデックスとは、東証株価指数や日経平均株価、債券指数やREIT指数に連動して運用する方法を指します。つまり希望や悲観などの感情に左右されず機械のように運用を実施する方法をいいます。

他には企業情報を細かく分析して投資先を決定するアクティブ運用という方法もあります。

投資の神様で知られているウォーレンバフェット氏がアクティブ運用の代表的な方ですが、そのバフェット氏の運用成績を超えたのが、なんとこのインデックスファンドだったのです。

ヘタな分析より、数値に沿って機械的に運用した方が利益がでるということが世界中で広がり今でも投資信託の価値は右肩上がりを続けています。

 

■③私がREITを選ぶ訳

 

私は資産のほとんどを投資信託で保有しています。中でもREIT(リート)の毎月分配型を選び続けています。

■REITとは不動産投資信託

不動産投資信託(REIT)からは毎月家賃収入が口座へ入金されてきます。収入と家賃収入を組合わせる事で生活はどんどん楽になります。もし余力資金が残ればその資金を株式投資やインデックスファンド、またはREITを購入することで資産は雪だるま式に増え始めます。

なぜ私はREITを選ぶのか?

その理由は、

常にFCFに重点をおき資産形成を考えているからです

→資産運用のメリット 

の記事でFCFについてはまとめていますので良かったら参考にしてみてください。

 

■④まとめ

投資信託に挑戦する大きな目的は、より良い生活を実現させるためだと思います。投資信託にはその目的を達成できる可能性があります。始めは難しく感じるかもしれません。私も同じでした。ですが資産運用を始めて10年が経ち早い時期から挑戦して良かったと心から感じています。今からでも遅くはありません。今日の記事があなたにとって一歩踏み出すきっかけとなれば幸いです。

 

 

2021年09月16日