ふるさと納税に懸ける想い 

 

起業のきっかけ 

私が起業を志した大きなきっかけ。

それは東日本大震災でした。

私の地元は岩手県一関市室根町。

大きな被害があった宮城県気仙沼市の隣町です。

当時私は千葉県に住んでいて、ただただ津波を傍観し自分の身を守ることしかできませんでした。

そんな中ふと見たニュース。

被災地にたくさんの寄付をする企業や経営者が目に入りました。

【こんな人間になりたい】

自分の器の小ささを痛感し悔し涙を流したことは今でも忘れません。

そこから5年。がむしゃらに働き続けました。

そしてようやく資本金1000万円を貯め起業へと動き出すことができました。

困っている人、悩んでいる人の助けとなるようなサービスを提供したい。

その本気の理念から生み出された会社が

株式会社TKTです。

 

遊休ハウスの活用

 

地域を見渡すと使われなくなった遊休ハウスをよく見ます。

これは高齢化による農業人口の減少が一因であるのは明白です。

この遊休ハウスをなんとか活用できないものか?

解体費を頂いてビニールハウスを撤去するサービスなら誰にでもできる。

離農者様が大切に使用されたハウスをお買取りし次世代へお繋ぎできるサービスを提供しよう。

そう考え、この遊休ハウスを活用する、

園芸ハウス、倉庫ハウス移設サービスを考案しました。

 

園芸ハウス

長期間野菜作りを楽しめる園芸ハウスは大人気です

 

倉庫ハウス

休憩所にも活用できるので大人気です  

 

もっと大勢の方へ

 

2020年12月。

岩手県一関市を大寒波が襲いました。

短時間での強烈な積雪によりビニールハウスは甚大な被害を受けました。

再起を誓う方もいますが挫折して離農する方も大勢います。

遊休ハウス情報も以前にも増して入るようになりました。

もっと大勢の方へ遊休ハウスの魅力や活用方法を知ってもらわねばいけない。

そう考え、一関市ふるさと納税の事業者登録を実施致しました。

まだまだ地域農業の再建には時間がかかります。

私達、ビニールハウス職人が投げ出すわけにはいきません。

強い理念を持ち、

困っている方、悩んでいる方をお助けできるよう

社員スタッフ一同、力を合わせて今日も活動に励みます。

皆様の温かいご支援どうかよろしくお願い致します。

 

 

 

2021年08月23日